スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

笑う大天使(ミカエル)

 ・・・・夢を見た
 白いお城の夢を見た 森のお城で暮らす人 
  見た事もない王子様

ごきげんよう・・・うづ@でございます。
先日・・と言いましても七月の事なんですけれども、映画『笑う大天使』を観てまいりました。

少女漫画家、川原泉先生の作品が映画化と聞いて、去年の今頃からずぅ~~っと楽しみにしてまいりました。

一見ぼ~っとしているけど、冷静で分析力に優れた少女を主人公とし、哲学的なセリフと意表をつくストーリー展開で、カリスマ的人気を誇る川原泉先生の代表作『笑う大天使』。

主に良家の子女を対象に幼稚園から短大まで一貫した教育システムを誇る名門女子校「聖ミカエル学園」。
清楚な制服とベレー帽を身に纏い、「ごきげんよう」と挨拶を交わし、生徒同士名を呼ぶときは名前に「様」をつける。
それが由緒正しい「聖ミカエル学園」に通うお嬢様達の姿。
しかし、どんな事にも例外はある。どのよーな集団にもアウトサイダーはいるし、ドロップアウトした人種はどこにでもいる・・・。
そんな、お嬢様になりそこなった3人の娘さん達のお話です。

ヒロインの史緒さん役は上野樹里、柚子さんと和音さんは平愛梨と関めぐみ・・・と、なかなか豪華なキャスティング。
アメリカ合衆国が生んだ今世紀最高の建築の巨匠と呼ばれたフランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館やハウステンボスなどをロケ地に、フォートナム&メイスンのお紅茶をお供に詩の朗読に興じるお茶会・・・ロマンチックな乙女な世界がお好きな方にはオススメです★
そして後半・・・アウトサイダー3人が不思議な力を得て、お嬢様を狙った誘拐犯に立ち向かうシーンは・・・CGにアクションシーンで魅せる魅せる!(監督さんがハリウッド映画大好きなんだとさ)ハリウッド映画のパロディも盛り込んでいて、笑えました。
原作からの小ネタも随所に盛り込まれているので、原作を読んでから観ることをオススメしますね。
でも、映画と原作は違う作品だと考えて挑むのがよろしいかと・・・★
ま、ま・・どーであれ、まずは原作で笑って泣いてくださいな。文庫で全2巻ですわよ★w

ネタバレ内容は追記にでも・・・★


友人のMお姉さんとN姉さんと行ってきました。
もちろん全員原作はバッチリ読んでおります。
因みに、ワタクシはMお姉さんに川原作品の面白さをおしえてもらったのですよ。

映画が始まって数分・・・
三人「・・・・・」
N氏 「え~っと・・・どこからツッこんだらえぇんかな?」
私 「・・うん・・っと・・列車?」

学園は完全に島の上にありました。島までの海上にレールが敷かれ、これまた情緒ある列車が走ってるわけですよ。
史緒さんは関西弁だしな・・・。

映画は映画で楽しめたけれど、やっぱり"このセリフは入れてほしい!"ってのがね~・・使われてなかったのが残念・・。
「インディアンもちつかな~い」
「イタリアの変態はイタリアに返すのがスジだよな」
などね・・・★
そして、コレは絶対に入れてほしかった・・・誘拐犯を目撃した史緒さんが事情聴取を受けるシーンを・・・。
「イタリア人です!」
「な・・・なぜイタリア人だと思うのですか?」
直感です!犯人の1人は原色の青地にだいだい色のバラ模様のニットを、もう1人は黄色に紫のペイズリー柄のトレーナーを着ていました・・・斯くの如く常識では計り知れないハデな色柄の衣服を着用するに及ぶとゆー行為・・・それ自体が何よりも自らイタリア人である事を雄弁に物語っています。イタリア人に間違いありません!直感です!」・・・史緒さんの「直感」は普通「偏見」と呼ばれている・・・
↑コレはワタクシ的に譲れないのですよ!
まぁ・・取調べ自体なかったのだからしゃ~ないかぁ・・・★
文句があるならベルサイユへいらっしゃい」は使われてたしな・・・使いどころがイマイチだったけど・・・★

お茶会でのお嬢様達の服装・・・・なんじゃい!ありゃ!
清楚なお嬢様のファッションではなかろう!あと、個人的に柚子さんには"赤毛のアン"ルックにしていただきたかった・・。w

人身売買組織との戦いシーンはスゴかった・・・三人が敵に囲まれて身構えたポーズ・・・・これって・・・・
チャーリーズ・エンジェル!?
首謀者のシスターマレーナの武器もまたこれ・・・ゴーゴー夕張の武器みたいなの出たー!www
ドタバタ・アクションシーンは会場笑いっぱなしでしたよ。

あとね、やっぱり見どころはラストにもってきたシーン。史緒さんの生き別れだった兄、一臣殿下がお見合い相手の敦子さまの申し出を断って
「一緒に暮らすのであれば僕より妹を大切にしてくれる人でなければ困ります。僕はそーゆー人を望みます」
というシーンは・・・やっぱり泣けます・・・。映画でも原作でも・・・。
しかし・・・欲を言えば、原作のように殿下が敦子さんにそう言ってるところを史緒さん達が立ち聞きしてしまう方がよいなぁ・・・なんとなくだけど・・・★

そんでな・・・敦子さん・・・化粧濃いぃ~~~!なんだよ!知的美人じゃなかったのかよ!なんだよ!そのドレスはっ!
あのな・・・ブラか二プレスぐらいしたほうがいいよ!シリアスシーンなのに気になって気になって・・・・・★(笑)

あと、モブの生徒の立ち振る舞いの指導は・・・ちゃんとしてあるのだろうか・・・?誰も見ないと思ったら大間違いよ!
歩き方がだらしない!鞄を腕にかけて歩く場合、腰の後ろに引っ掛けるようにして持つのがお嬢様ってもんでしょーが!
ティーカップの取っ手には指を通さずに二本の指でつまむように持つのが常識でしょう!
むぅ~・・・・・和音さんの教育係の俊介さん(松尾敏伸)がカッコよろしかったからまぁいいか★w
スポンサーサイト

  1. 2006-08-04(Fri) 22:09:17|
  2. 映画とか本とか・・|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 1

コメント

『笑う大天使』しらなかった~

こんどよんでみよっと♪
  1. 2006-08-10(Thu) 00:54:26 |
  2. URL |
  3. iku #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://beautifuldays.blog17.fc2.com/tb.php/223-52dfa0c6
05 « 2017/06 » 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archives

Search

Profile

うづ@

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。